売りたい方・集客したい方必見です!失敗しないために絶対に知っておきたい4つのポイント。ホームページ制作を依頼する前に
よくある失敗
正しい知識が必要です

現実は失敗しているホームページのほうが圧倒的に多い

ホームページ制作をご検討中の皆さま、上記は実際によくある失敗の声です。ネットで売りたい、集客したいと思ってホームページをつくっても、現実はそう簡単にいくほどあまくありません。失敗しているホームページのほうが圧倒的に多いのです。厳しい現実を知ってください。すでにホームページ運営をされている方は、嫌というほど感じていると思います。

はじめてホームページをつくる方は幻想に惑わされないでください。成果獲得できるホームページは適当につくってできるものではありません。大切な資金、時間を投資してホームページをつくったのに成果を得られないことはとっても悲しいことです。

失敗してしまうと制作費の回収すらできません。売れる・集客できるホームページをつくりたいとお考えでしたら、きちんと正しい知識を身につけることが必要です。

株式会社GPC 代表取締役
ご存じですか?

売りたい、集客したい、あなたに必要なのは「販売促進用ホームページ」です

ひとことにホームページといっても、会社の業務紹介、活動紹介、存在証明を目的とする「会社紹介用ホームページ」(コーポレートサイト)と、売る、集客する(販売・お問い合わせ獲得・資料請求・求人など)、直接的な成果獲得を目的とする「販売促進用ホームページ」(プロモーションサイト)は、まったくの別物です。ご存じでしたか?

目的の違うこの2つを同じように考えてはいけません。考え方や構成がまったく異なります。売りたい、集客したい、あなたに必要なのは「販売促進用ホームページ」です。「会社紹介用ホームページ」をつくってしまうと成果獲得できません。

ということで、以下に失敗しない「販売促進用ホームページ」のつくりかたのポイントを簡単にまとめました。売れる集客できるホームページをつくりたい方が、制作依頼する前に絶対に知るべき大切な4つのポイントですので、ぜひ一読してみてください。

企画段階で競争優位をつくる

つくる前の企画・戦略で、いきなり成功の成否が決まります

ホームページで成果獲得(売れる・集客できる)できるか否かは企画・戦略で決まります。ホームページ制作で失敗する多くの原因は、企画段階できちんと競争優位(比較されても勝ち選ばれる状態)をつくれていないことにあります。つまり、きちんとマーケティング・戦略策定をしていないため、失敗すべくして失敗しているのです。ホームページで成果獲得するためにはマーケティング戦略が必須です。企画段階から優れた戦略があれば表現するだけで成功に繋がりますし、逆に戦略がないと高確率で失敗します。

成功までのプロセス・ホームページ制作での重要度

成功までのプロセスをみていただくとわかると思いますが、企画・戦略はすべての基礎になります。そのため企画・戦略が悪いと、その後に続くすべてのプロセスが意味のないものになってしまうのです。ホームページ制作は、企画・戦略と原稿作成で90%が決まることを知ってください。企画・戦略・原稿作成のことはまったく気にもせず見映えにばかりとらわれる方が多いですが、はっきりいってそれでは必ず失敗します。

競合に負けない戦略が必要です

「競合に勝る要素」「見込み客に選ばれる理由」をつくることが必要です

ホームページで成果獲得するには、企画段階で「競合に勝る要素」「見込み客に選ばれる理由」をどれだけつくることができるのかということです。ネットでは簡単に比較されるので、競争優位(比較されても勝ち選ばれる状態)のないホームページに勝ち目はありません。つまりは、きちんと戦略策定をすることが重要なのです。比較されることを前提にして競争優位をつくらなければ、成果獲得に繋げることはできません。

ホームページをつくることで売りたい、集客したいと願うなら、必ず経営環境の分析・戦略策定を入念に実施して競争優位をつくってください。もし、あなたたが経営環境分析・戦略策定に自信がなければ、企画・戦略からコンサルティングしてくれる会社を選ぶことをオススメします。

(いい加減な分析でつくる戦略に意味はありません。きちんとした分析ができてこそ、勝てる戦略ができます。)

少ない予算で成果獲得したいなら「弱者の戦略」一択です

少ない予算で成果獲得を狙うには、ターゲット(客層)を絞って集中対策することが必須です。これは「弱者の戦略」(ランチェスター戦略)といって、わずかな市場シェアしか持っていない小さな会社(弱者)が積極的に取り入れるべき最も基本的な戦略です。ターゲットを広げてしまっては絶対いけません。高確率で失敗します。ターゲットを絞ることで競争優位(比較されても勝ち選ばれる状態)をつくることこそが重要なのです。

小さな会社が狙うべきは「一点突破、全面展開」です。とにかくまずは「一点突破」を狙ってください。絞り込んだターゲットを一点突破することで、きちんと利益を確保することが重要です。そして利益を再投資しながら着実に全面展開を狙うのです。

(「弱者の戦略」(ランチェスター戦略)は、普遍的で実効性の高い戦略理論です。孫正義さん(ソフトバンク)や澤田秀雄さん(H.I.S.)など数多くの優秀な経営者も、起業当初から積極的に取り入れていることで有名な戦略です。)

心を揺さぶる原稿つくる

企画・戦略の次に重要なのが原稿です

ホームページの原稿とは、デザインするもと(基)となるものです。企画・戦略を反映させたコンテンツを含み、魅力的なものでなければいけません。もし原稿に魅力がないと(的外れだと)、その後しっかりデザインしても成果を得られないということになってしまいます。ホームページの成果は原稿の善し悪しで決まることを知ってください。原稿はデザインよりもずっと重要です。

原稿は例えていうなら原石のようなものです。原石がただの石ころなら、いくら磨いた(デザインした)ところで輝くことはありません。成果獲得を狙うなら原石は必ず質の高い本物(心を揺さぶる原稿)である必要があります。

見込み客の行動を引き出すには心を揺さぶる原稿が必要です

「心を揺さぶる原稿」をつくる自信ありますか?

あまり知られていませんが、一般的なホームページ制作会社では原稿作成はやってくれません。「お客さんのほうで自由に考えて用意してください。」と言われます。つまり何を掲載するかを考えて、構成、中身をつくって渡さなければなりません。ご存じでしたか?

あなたがマーケティングに強く、広告文章を書くこと(コピーライティング)に慣れていれば問題ないのですが、そうでなければ原稿作成はプロに依頼してください。それは「心を揺さぶる原稿」をつくることは難しいからです。はっきりいって、広告文章を書くことに慣れていない初心者が、いきなり「心を揺さぶる原稿」をつくれるものではありません。

構成・文章を考えることぐらい簡単だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「心を揺さぶる原稿」をつくるにはマーケティングに精通していることが求められます。一朝一夕にできるものではありません。コピーライティングは熟練が必要な高度な技術であり専門職なのです。(コピーライターというお仕事があります。)

そのため、お客さま側で原稿を用意しなければいけない一般的なホームページ制作会社では、見映えはするけど成果を得られない(中身がない)残念なホームページが量産されている悲しい現実があります。(悲惨ですね…。)

もし、あなたが広告文章を書くこと(コピーライティング)に慣れていなければ、失敗しないためにも原稿作成も含めてカバーしてくれるホームページ制作会社を選ぶことを強くオススメします。

「選ぶべき理由」を明確に伝えることが必要です

オリジナリティのない一般論ばかりを掲載しているホームページも多いですが、そんなのをつくってはいけません。検索して比較している見込み客からすると「どこかで見た内容がまた載ってるなぁ」と思うだけです。そこに「選ぶべき理由」はありません。「選ぶべき理由」がなければ、選ばれることはありません。ご自身に置き換えてみてください。よくわかります。

原稿作成する際に大切なことは「選ぶべき理由」を明確に伝えることです。これは広告文章(コピーライティング)の基本中の基本です。でも慣れない方が原稿をつくると、基本さえも抑えていない残念なものができあがることのほうが圧倒的に多いのです。

お粗末だなぁ…。効果が上がらなくて当然だ

多くのホームページ制作会社は、マーケティング戦略の本質・重要性を理解していません。だから、企画・戦略・原稿作成といった重要なプロセスを軽視してすぐにデザインに入ります。これでは効果が上がらなくて当然です。さらには原稿がない状態でいきなりデザインを始めるトンチンカンなホームページ制作会社もあります。

(巷には残念なホームページ制作会社が結構たくさんあります。いったい何をどうデザインするんだ…?)

正しい手順を知らないのか?できないのか?定かではありませんが(たぶん両方)、それ以前に何も考えていないのでしょう…。つくることだけが目的で、お客さんが納得しさえすればそれでオッケー程度の思考なんだと思います。いうまでもなくそんな会社に依頼してしまったら高確率で失敗します。

原稿を引き立てるデザインをする

デザインすることの「本当の意味」を理解していますか?

デザインすることの意味は、原稿を引き立てることです。(だから原稿が重要なのです。)すなわち、見込み客の興味を引きつけ、見やすく、わかりやすく、魅力・コンセプトを伝えることです。ただ単に、キレイに、カッコよく、かわいく、することがデザインではありません。本気で成果獲得したいならデザインすることの本当の意味を知ってください。

好き嫌いで決めてはいけません

デザインには根拠が必要です

なぜこのカラーリングで、このレイアウト、この雰囲気なのか?デザインを決定するには、その根拠が重要です。自分が好きだから、嫌いだからといった基準で決めてしまってはいけません。これはよくやってしまいがちな失敗です。どうすれば見込み客に最も訴求できるのか?ということを基準にして考えてください。

※ 訴求とは「宣伝・広告などによって買い手の欲求にはたらきかけること。 」(三省堂 大辞林 引用)です。

成果を得るためにはキレイなだけでは不十分です。キレイで見やすいのは最低条件でしかありません。キレイなホームページをつくりさえすれば成果獲得できるわけではないことを知ってください。重要なことは訴求することです。成果獲得を願うのであれば、見映えにとらわれることなくデザインすることの本当の意味を理解している会社を選ばなくてはいけません。

一瞬で興味を引きつけることが必須です

人は無意識に一瞬で判断する生きものです。ぱっと見た瞬間に「得がありそうなホームページだな」と感じない限りその先は閲覧しません。得しない・信用に値しないと判断すると、すぐに退出(直帰)します。ご自身に置き換えてみてください。よくわかります。

つまり成果獲得できるホームページにするには、一瞬で興味を引きつけ、わかりやすく独自の魅力(USP)を伝える原稿・デザインが必須になります。

見込み客からのアクセスを集める

つくるだけじゃダメです!見込み客からのアクセスを集める必要があります

今すぐ幻想は捨ててください。どんなにいいホームページでも、つくるだけじゃ成果獲得することはできません。ホームページから成果獲得するにはアクセス誘導対策が必須となります。つまり投資コスト(時間・労力・お金)が必要になります。

多くのホームページ制作会社は、ホームページをつくればそれだけで成果を得られるかのように書いていますが、私は同業者として真実を明確に伝えない会社は騙しているに等しいと感じますし、お客さまをバカにしているとも感じています。あなたが本気で売りたい・集客したいとお考えでしたら必ずアクセス誘導対策までセットでご検討するべきです。

失敗しないアクセス誘導対策のやり方

アクセス誘導対策はリスティング運用(PPC広告)を先行させながら、さらに中長期でSEOを実践していく方法がベストなやり方です。最初からSEOだけに頼るやり方はリスクが大きいのでオススメできません。明確な理由を示すこともなく最初からSEOだけを奨める会社は、リスクを正しく認識していないので騙されないでください。

リスティング運用とSEOの特徴を表にまとめました。ぜひ確認してみてください。

リスティング運用(PPC広告) SEO
アクセスを集めるまでの時間 最短1日
(すぐに掲載できます。)
早くても 6ヶ月程度
(競合よって異なるが、通常 1~3年程度はかかる。)
労力 小さい
(広告管理する必要があります。)
大きい
(質の高いコンテンツを充実させていく必要があります。)
お金 必要
(1~2万円ほどの少額から
テスト運用を開始できます。)
不要
(しかし実際は外注することが多いです。)
確実性 あり
(狙うキーワードで掲載できます。)
なし
(狙うキーワードで表示できる保証はありません。不透明です。)
スキル・ノウハウ 必要
(どちらもやり方が悪いと効果はでません。マーケティング戦略が重要です。)
結果がわかるまでの時間 3日~1ヶ月程度
(一定数のアクセスを
集めた時点でわかります。)
不明
(狙うキーワードからのアクセスを
一定数、集めるまでわかりません。)
結果がわかるまでの投資コスト
(時間・労力・お金の
総和で考える。)
小さい
(わずかな時間・労力と少額のお金だけです。)
大きい
(直接的なお金は不要だが、時間と労力で
コストは大きくなります。また外部から労力・ノウハウを
買うことも一般的に多いです。)
リスク
(トータルで考える。)
極めて小さい
(少額・短期間のテスト運用で
結果がわかります。
もしもの場合、いつでもストップできます。)
大きい
(大きなコストが必要で、確実性はありません。
アクセスを集めることに失敗すると結果すらわかりません。)

経営者の方は 「時間・労力は大きなコストである」 「確実性がないものはリスクが大きい」 この2つをきちんと認識してください。コスト(時間・労力・お金)をかけてSEOに投資したのに、もしもアクセスを集められずに結果すらわからない事態となると、それはもう大損害です。2つも弱点があるSEOだけに最初から頼るやり方は、かなりリスクが大きいことに気づいてください。

(見込み客から一定数のアクセスを集められないと、成果獲得できるのか?という結果すらわかりません。)

SEOは時間がかかり多くの労力を必要とするものです。短期で効果を狙うものではありません。リスティング運用は即効性があり、効果絶大でありながら少額(1~2万円)からできます。また結果がすぐにわかるので時間を無駄に浪費するリスクがありません。基本的にやらない理由がないのです。

すぐに結果がわかるということは、すぐに成果獲得できます。もしダメでも改善スピードを早めることができます。リスティング運用にはとても大きなメリットがあります。

リスティング運用で成果獲得できないとSEOしても無駄!?

プロがリスティング運用をしても成果獲得できないとなれば、SEOでも成果獲得できる可能性はほとんどありません。今すぐにでもアクションを起こしたい、あとは選ぶだけという「今すぐ客」からのアクセスを一定数集めたのに成果を得られないとなると、前段階のプロセス(企画・戦略・原稿作成・デザイン = ビジネスモデル・ホームページ自体)に原因がある可能性が圧倒的に高いのです。

つまりリスティング運用で成果獲得できないとSEOしても無駄になる可能性が圧倒的に高いってことです。このような観点からもリスティング運用はSEOより先行させるべきなのです。

利益を得るには有効な投資が必要です

基本的な「経営的思考」で考えてください

利益を得る(仕事を取る)のに裏技はありません。お金と労力をかけるしかないのです。本気で成果獲得したいのであれば、有効な投資をして回収するという基本的な「経営的思考」で考えてください。利益を得るためには、必ずまず先に有効な投資が必要であることは、疑いようのない社会の常識です。投資しない者にリターンはありません。

競合はお金も労力もかけて仕事を取りに、すなわちアクセスを取りにきているという現実を知ってください。それはアクセス誘導対策することが有効な投資であることを知っているからです。そんな中、何もしないでうまくいくほど世の中あまくありません。アクセス誘導対策は間違いなく有効な投資です。ぜひ積極的に投資をしてください。それだけの価値は充分にあります。

小さなリスクで大きな成果を得る方法

アクセス誘導対策(リスティング運用・SEO)へ投資することに抵抗がある方は、ぜひ視点を変えてください。競合と比較されても勝てる状態(競争優位)をつくったうえで、見込み客からのアクセスを集めたら高確率で成果獲得できると思いませんか?

重要なことはアクセス誘導対策をする前に、きちんと戦略策定をして競争優位のあるホームページをつくることです。それができればアクセス誘導対策への投資は、小さなリスクで大きな成果を得ることができるものになるのです。

素人に「利益を上げるホームページ運営」はかなり難しい

利益を上げるホームページ運営(リスティング運用・SEO)をするには、マーケティング戦略のノウハウ(企画・戦略策定・効果測定・評価・分析・改善など)が欠かせません。高いスキルが必要です。ネット対策に力を入れる会社も増えて競争が激化している今の時代、素人が片手間でホームページ運営して利益化までもっていくのは、はっきりってかなり難しいです。

そのため無駄に時間・労力・お金を消耗したくなければ、運営まで含めてプロに依頼することをオススメいたします。実際、最初からプロを活用したほうが、安く素早く成果を得ることにも繋がり結果的にずっとお得になることのほうが多いです。

まとめ

戦略のない、原稿が悪いホームページにアクセス集めても無駄ですよ

企画・戦略・原稿はホームページの基礎です。この基礎が悪いホームページは、例えキレイにつくられていても、どれだけがんばってアクセスを集めてみても成果獲得することはできません。競合と比較されて負ける状態(競争優位がない)ですので、はっきりいってアクセス誘導対策をやるだけ無駄です。

つまりホームページは企画・戦略・原稿がしっかりできないと、つくる意味ありません。戦略のない、原稿が悪いホームページにアクセス誘導対策をすることは、お金をドブに捨てるようなものです。

どの世界でも同じだと思いますが、「基礎が悪い」「基本がない」「本質がずれている」とその他をいくらがんばってやってみたところで意味ないことって多いですよね。ホームページも同じです。企画・戦略・原稿がしっかりできないと、その後何をやっても損することに気づきましょう。

アクセスを集めても成果獲得できないホームページの特徴

がんばってアクセス誘導対策をしても成果獲得できないホームページには以下のような問題点があります。

ターゲット(客層)が絞られていない。魅力が伝わってこない。不安が払拭されていない。選ぶ理由がない。(競争優位がない。)何を提供しているのか、よくわからない。わかりづらい。仕上がりが汚い。デザインにメリハリがない。見づらい。どうアクションして欲しいのかわからない。

つまり成果獲得できるホームページをつくろうと思うと、これの逆をしていけばいいのです。難しく考える必要はありません。シンプルに考えることができると本当は簡単なんです。

ホームページ制作で失敗する人の特徴

ホームページ制作で失敗する人には以下のような特徴があります。

マーケティング戦略の本質・重要性を理解していない。競合と比較されることを前提に考えていない。(競争優位をつくろうとしない。)ターゲット(客層)を絞ることを嫌がる。売れれば誰でもいいと思っている。(売りたい相手を明確にしていない。)競合と同じようなホームページを欲しがる。(競合のホームページがベストと思い込んでいる。)広告文章を書くこと(コピーライティング)に慣れていないのに自分で素敵な原稿がつくれると思っている。

見込み客はじっくりと閲覧してくれると思っている。(掲載しておけば伝わると思っている。)訴求することより見映えにこだわる。(自分の趣味にあわせたがる。)何もしなくてもアクセスは集まると思っている。(簡単にアクセスを集められると思っている。)アクセスを集めさえすれば成果獲得できると思っている。時間をコストと考えていない。必要な経費への投資をケチる。何でも自分でできると思っている。(プロを上手に活用するという発想ができない。)

しっかりと考えてみてください。1つでも該当するものがあったら高確率で失敗します。もし心当たりのある方は、失敗して後悔する前に改めることをオススメします。

ホームページは投資する価値が高い

ネットには購買行動に結びつきやすい上質な見込み客がたくさんいます

今の時代、ほとんどの見込み客が商品・サービスを選ぶ際に参考にするのがネット情報です。この事実をしっかり認識してください。そして逆に考えてみてください。ネットを上手に活用することができれば、ほとんどの見込み客にアプローチすることができます。

また、ネット利用者は自ら行動をとっている(能動的である)ため、とても購買行動に結びつきやすい上質な見込み客です。事実、検索エンジン利用者には今すぐにでもアクションを起こしたい、あとは選ぶだけという「今すぐ客」がいっぱいいます。そのためホームページを成功させることができると大きな成果を得られるのです。

(成果が一部に集中しやすいのがネットの特徴です。そのためホームページを成功させると大きな成果になることが多いのです。しかし逆に、マーケティング戦略がない(悪い)とまったく成果獲得できません。)

中途半端は損するだけです

ビジネスにおいてホームページを制作するということは投資そのものです。せっかく大切な時間・労力・お金を投資してホームページ制作するなら、しっかりと売上げに繋げられる内容のものをつくることを最優先に考えてください。

売る・集客するには必要なポイントにきちんと投資することが必要不可欠です。必要な投資をケチるようなマネをしてはいけません。必要な投資をせずに中途半端にやってしまうと結局、売上げに繋がることもなく投資額は回収不能・まる損となります。

現代のネット社会において、ホームページは投資する価値が高いものであることは疑いようがありません。ネットの影響力は経営を左右する大きなものです。ネット社会を生き抜くためにも、きちんと必要な投資をすることが大切です。

おわりに

ホームページ成功の成否は依頼する会社で決まる

見込み客は失敗したくない一心で、たくさん検索して調べています。そのため、しっかりとマーケティング・戦略策定をして、ターゲットを絞り、質の高いコンテンツをつくって、きちんと運営(リスティング運用・SEO)してアプローチしてくことができれば、高確率で成果獲得に繋げることができます。

ホームページ成功の成否は依頼する会社で決まるといっても過言ではありません。利益を上げるホームページ運営をしたいと願うなら、幻想に惑わされることなくマーケティングのスキルを持った「良きパートナーとなってくれる会社」を選んでください。

私たちは「成果獲得できるホームページ運営」を低価格にてご提供させていただいております。ネット販売・集客にご興味ありましたら、ぜひ 売れる集客できるホームページ制作に特化 / 福岡 東京 も確認してみてください。あなたの「良きパートナー」となれましたら幸いです。

株式会社GPC 代表取締役
メールでお問い合わせ